ブログトップ | ログイン

宝箱

なんでもない毎日が宝物


by ハムちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

2006 第一回目 大喧嘩!

今から振り返ってみると、3月に入った頃からすでにもう
こうなってしまう兆しはすでにいろいろとあったよ
ひさびさ(?) にやってしまいました 大  大喧嘩( ̄▽+ ̄*)!
ダラダラと楽しくもない内容なので読まない方がいいかもです^^;

e0005887_23125555.jpg



今朝まで普通に仲睦まじくしていた
夫はいつものように腹筋をして「今日からは腕立て伏せもはじめる♪」 と
何事にも前向きに取り組もうとしている夫の姿勢
私の心配もうるさがらずにお酒の量や間食も減らそうと努力してくれている
そんな立派な夫なのに・・・



何故か、私はあらぬ疑いを夫にかけてしまった。。。



夫が私を騙しているかもしれない。。。
いや、私の勘違いかもしれない。。。
はっきり聞けない
たいしたことではないのだからこのまま放っておこう
いや、もし私の疑いが本当ならやはり二人の信頼関係にかかわるぞ



一人であれやこれや悩んでいるうちに夫が帰宅してしまった。。。



どうするかはっきり決まらないうちは夫には何も言うまい と
一旦はそう決めていたはずなのに
私は脳と表情&態度は直結していて
不安なのに自然に笑う事等できない人間なもので^^;

だから態度はとてもよそよそしく、元気がない私の様子に夫はすぐ気付いた
どうかしたん?と尋ねる夫に対して、私は変な切り出し方をしてしまった



「私に、何か隠し事してない?」


「は?なにそれ?なんかあったん?隠し事なんてないよ(゚ペ)?」


「何にもないなら別にいいわ、なんでもないよ」



とまぁ。。。こんな感じで重た~い空気の中、私の料理がもうすぐ出来上がりそうなときに夫が


「ちょっと出掛けて来るわ」


と着替えて外出しようとした



「ご飯食べないの?」と聞く私に「もうそんな気分じゃないわ」 と、夫



そこで私も抑えていた物がドワ~っと込み上げてきて
もう頭で考えて何かを言うなんてことは毛頭できない状態に陥り
作りかけていた料理の材料を片っ端からゴミ箱に捨ててしまったのである
もちろん、これ見よがしに・・・

もうどうやって夫を引き止めればいいのか完全にわからなくて
動転していたのよ゛(6 ̄  ̄)ポリポリ



そしたら夫も逆切れた!



夫は仕事で大変なのは分かっている
会社の将来の問題を背負い、日々の細かい問題にも一人で立ち向かっている
孤独と苦しさ 男は外に出れば7人の敵がいるんだもんねσ(^_^;)
特に、今日はまた何か大変な事があったらしい

そんな自分をどうしてちゃんとサポートしてくれないのか?!
夫も怒りに任せるように更に続けてこんな事を言った

仕事で疲れているのに家に帰ってきてまでストレスを受けるのがうんざりなんだ
10回きちんとしてくれてもそのうちの1回こんなことがあったら全部帳消しになる
栄養管理なんてしていらん、食べる物なんて外で買ってきても全然かまわんし
それよりましかなぁと思って毎日食べているだけだ 
一日家におってなにが不満や と言うような罵倒を私に浴びせかけた


売り言葉に買い言葉状態 炸裂 大ピンチ


二人でちゃんと話し合って私は仕事を辞めて今の生活を始めていたはず
そして今の生活の中で私が一番大事にしていたものは夫の健康管理だった
もちろん、それは自分の為でもあったけれど夫がいない日はUFOを食べてしまう程度。。。
毎日20品目の種類の食材を使って栄養のバランスの良い健康に良い物を夫に食べさせたい
そう思って頑張っていたし、それが私の本業だと信じていた
そんな食事に喜んでくれていた夫を見ていると幸せだった
おいしそうだからと私の料理を写真にとってくれたり
うん、うんと頷きながら食べてくれるのが私の生きがいになっていたのだ
でもそんなこと
一言、いらんかったといわれたら

もうそれまでだ それで終わりだ 


ばんざ~い、ナ・シ・ヨ 状態


夫もストレスが溜まっていたのだろう
次から次へと暴言を吐いて、家を出て行った
行き先は会社だっだ。。。



私はこの後一人になってとても反省した



何であんなこと言ってしまったのだろう?
何であんなことしてしまったのだろう?
私はなんでこんなに嫌な人間なんだろう?
どうしてこんな人間になったのか?
子供の頃の孤独感がこのような屈折した形ででてきているのか?

とここまではいんだけど

幼い頃両親が離婚して父親のこともあまり知らないし
普段思い出したりすることさえないのに 
なんとこの後

私の父親はどこにいるんだ?
私に父親がいなかったせいで私はこんな人生を歩んでしまってるんだ!
私なんかとうの昔に死んでしまっていればよかったんだ!
とかなんとか私の考えはどんどん訳のわからない方向へあっちこっちとんで
自分でもなんか・・・
なにかがおかしい・・・
なに考えてるんだ自分? 
もう訳がわからなかった

そして自分がとても情けなくなってきて
夫にも私の勘違いで嫌な思いをさせてしまったことを申し訳ないと思い
謝りのメールをいれた

でも返事もなく
なかなか帰ってもこない夫
私は泣きつかれたので寝ることにした

そして私はもうこの時、再就職をすることを心に決めていた
家の事を一生懸命していたって
夫がそれを評価してくれなければ何にもならないと思ったから
これがもしも10年後だったらと思うとゾッとする!
どんな事でも外で仕事していれば
それだけで"おつかれさん"といわれるし
お金を貯める事で自分が費やした時間がそのかたちとなってのこるのだから
主婦だけしていては将来私は、夫次第で 「無」 になってしまう恐れがある
だからこそ、もう家に遠慮して派遣などでは働かず
残業も出張もする正社員を探すぞ!
私は強く心にこう決めて布団に入った



去年仕事を辞めて1年が経とうとしている
今やりかけていることもあるしこのまま再び仕事を始めるのは
どうにも中途半端で今やりかけていることが全部水の泡になりそうだから
それでは週に2.3日のバイトをしてみることも考えたけど。。。
時間が短くても一旦仕事を始めてしまうとまた精神的にも拘束されるし。。。

結婚してからは子供ができたらどの道、辞めなければいけないんだから
もう少し、もう少しと派遣の仕事を続けていた
やりがいもないし、経験も積めないような会社だったけど
残業がない貿易の仕事なんて他にないのだからと。。。
もうここ何年も働く喜びとか爽快感のようなものは感じていなかった
だから思い切って仕事を辞めて
その代わりになにか将来に役に立つ事を勉強しようと。。。そう思ってはいたものの。。。

1年近く経って振り返ってみると何か資格が取れたわけでもなく
この年になってまだ 
まだ将来について、しっかりした地盤が何もできていない自分に

焦り
不安
苛立ち

そんなことを感じながらいつごろからかいつも迷っていた
いつも自分は、今、ここでこんな事をしていていいのだろうか?と
考えてはかき消し、なんとなく日々、自分をごまかしごまかし生きていた

思えば専業主婦になってから
なんとなく外に出るのも遠慮する気持ちが強くなってきて
なるべく家にばかりいるようになってしまっていた

そして私も知らず知らずのうちにそんな状況にストレスを感じていて
その発散方法も分からないでいたようだ

だからこの頃イライライライラするようになって
気付いたら夫にばかり目が向いていたのだ・・・

夫もえらい迷惑な話だ

でもこの時は自分の事は棚に上げて夫が言った言葉尻を捕まえ
もう何の意味もない家のことなんて専念するのは辞めて
自分が働きたいと思える会社をもう一度探して働いてみよう と
そんなことを考えながら私は眠りこけていった


すると何時間かして夫が帰ってきた
暫く起きている様だったので様子を見に行ってみたら
トイレに行っていてパソコンが付いていたので見てみると
なんとパソコンでエッチなページを見ていたではないかε-(=`ω´=)凸テメェ!!

私が悲しい思いをして夫を待っていたのに (アハ(;^◇^;)ゝまぁ、寝てましたけど・・・)
今日あんな酷いこと私にいっぱい言ったくせに
またパソコンでエロイページを見ている夫を見つけた私は
再び怒りが!怒りと憎しみと軽蔑で胸がいっぱいになり
自分が根も葉もない疑いをかけてこうなった事も忘れて
今日言われた事だけが頭に残り
もう夫とやっていく自信がないとまで思ってしまった



今、冷静になってみれば
そんなことどうでもいいじゃん て思うよ
男はみんなそういうもんだもんよね、ね、ね、
なんであんなに嫌だと思ってしまったのだろうか?
でも男にも女のどうしても理解できないところってあるはずじゃん?
それとおんなじよね?


ちゃう?



でもその時は夫とは目も合わせず
翌日から暫くほとんど口もきかず、私はご飯も作らなかった
これは先週の話だけど他に細かい事がもうあまり思い出せない
それぐらい変な精神状態だったのかな?



去年大喧嘩した時は( ←原因忘れたけど^^;)
けんかした後直ぐ家を探しに行った( ←家出する為に^^;)
今回は職探し。。。
これは少し進歩といえるのかな~?



とにかく大きく言い合いをしたのはその日だけで後は冷戦状態
こんな小さい家の中で
全く目も合わせないで
口も聞かないで過ごすのなんて
これ至難の業なんよ!


喧嘩2日目
夫は少し歩み寄ろうとしてくれていたので 
私は仕事を探す旨を伝えた
夫は賛成した


だから私は本格的な職探しに没頭した
不思議とすごいパワーが湧いてきた
でも、ふと気を抜くとすぐに涙が落ちてきた
なんじゃ?どういう意味の涙なのか?
私はとても傷ついていたし
やっぱり情緒不安定だったのか?

喧嘩3日目
そうしているうちにやっぱり私の疑いをどうしても晴らしておかなければならないと思い
夫になぜ自分は怒っていたのかをうちあけた


この私の疑いというのは。。。 
これはほんとにひどい。。。



実は・・・      



あ~、ドンびかれるかも (-人-)ごめんよおぉ



私、何故だか急に 「夫が私に隠れて何かし、その為にお給料をごまかしてへそくりしている」
ほんとに情けない事にそんな事を思ってしまったのだ




夫はやはり白だった・・・ 無・実!
次の日にはそれが私の完全な誤解だったと証明できる書類を揃えて渡してくれた
しかし、その時の私には、それがきっかけで聞いた夫の言葉に執着していて
その言葉に囚われてどうしても夫を許せなかった



自分のせいで夫の心を、プライドを、深く傷つけていたことに気付きもしないで・・・



その日に、夫から話をしてきた   ← なんという寛大さであろうか(T△T)
和解する為に話をしようとしてくれたと思うけど
私は自分の悪かった事についてきちんと考えることも出来ずに、かわりに
夫の言葉に傷つけられ、その結果もう家事は一切やる気がなくなったんだと話した
お返しに、夫は私に、この1年の生活を見ていて私が輝いていなかったと言った



専業主婦をしていて
節約の為にスーパーを駆け巡り
刺激のない毎日の中で
輝けるか~~~~~っつの!(∴`┏ω┓´)/



歩み寄ろうとしてくれた夫の努力も空しく、この時も物別れに終わった
私は履歴書をポストに出しに行く道すがら
頭の中を「輝いてない」「輝いてない」「輝いてない」という言葉が焼きついて離れなかった



そしてまたメソメソメソメソしながら
家に帰ってみると夫は酒でも飲んで赤い目をして
能天気な口調で「おかえり」
それをみてまた憤りを感じてしまったのよ。。。



こんな状態が6日間位続いたけど
仕事を探したり
勉強することに集中することで少しでも夫との事から逃避しようとした

でも・・・
勉強をしていても
町を歩いていても
ちょっと油断するとすぐに涙がこぼれてきた
 


もしこれがきっかけで仕事を始めたら
夫との間の溝がどんどん深まっていって
結局赤ちゃんを作ることもできないまま離婚するのかな。。。



というような、いろんなことを考えていくうちにかなり冷静になってきた
そうすると今度は、やっと、だんだん自分のことより
夫の身になって物を考えられるようになってきた



もともとはと言えば、一生懸命真面目にやっている夫にあらぬ疑いを吹っかけた私



夫はその事でどれ程傷ついただろうか?



それでカッとなるのは当然なのにそれ以上はもうなにも怒りはしなかった
それどころか、口こそ聞かないまでも、自然に振舞ってもくれていたじゃないか


私は夫に言われた事に囚われて自分の間違った行動に対してなんの責任もとっていない


それに自分がなぜあんな不可解な行動にでたのか考えているうち
私は常にどこかで夫に裏切られるのではないか?という根深い不安を抱えていて
それは私のバックグラウンドからきているかも知れないと思った

更に言えば、このところ私はいつも自分を誰かと比較して
他人のものさしで自分の幸せをはかり
自信をなくしてばかりいた
だから
夫が輝いてないって言ってくれたのは内面の事だと気付いた
一番近くで私の事をちゃんと見れくれていて、そう感じていたんだと思う



自分でさえ自分自身のことが見えていなかったのに



そうやって私を見てくれていた夫に感謝しなければならない





喧嘩6日目、月曜日の朝



自分が悟ったことを素直に打ち明けた
ちゃんと言える自信もなく夜になってからゆっくり伝えようかと思ったけど
もし仲直りするのなら早いうちにすれば夫もすっきりした気分で会社にいけるだろう
そう思ってこの6日間のうちに考えたことをすべて話して謝った



夫もずっと私達のことについて考えていたそうで
前回に話した時とは違っていた
そしてゆっくりと落ち着いた口調で
やさしく
「自分も完璧ではなく非があった」 って。。。  



今の私には時間があるのだからもっと今しかできない勉強にうちこんでほしいこと
売り言葉に買い言葉で言ってしまった食事に関する事にも謝まるといってくれた
他にもこの6日間の間私達について、私に対しての思いを全部話してくれた



夫の話を聞きながら
そこまで私の事を考えてくれていたのかと思うと
そんなことにも気付かないで
つまらない事ばかりに囚われて
自分は捻くれていてちゃんと周りをみれていなかったなぁと
また改めて反省。。。

私の事を本当に私の為を思って頑張れとケツを叩いてくれている
間違いをただしてくれたり
父親の様な愛情で包んでくれていると感じた
これだ~!

私はこれぐらい深くて温かくて強い愛を求めてたんだ

かなり屈折した方法で・・・σ(^_^;)

父親はいないって悲しんでいた私だったけど
こんなに近くに親のような愛情をもって大事にしてくれる人がおるやん



雨降って地固まった



朝からとても長い間話したけど
一件落着して良かった


結局、喧嘩とは、
1つのきっかけで
それをもとに二人の関係の起動修正が行われるための物なのかな???



今回もかなり学びました  (・・・と、思います(;^_^A)



時には感情的になって
二人の腹の中を洗いざらいぶちまけることで
解決の糸口を見つける事もできるものかもしれない
うちはよく喧嘩するけど
喧嘩の後は以前より、よりいっそう二人の絆は深くなっている 
(ま、喉もとすぎれば~♪的なところもあるが^^;)



今回、本当に思った

天国と地獄 幸と不幸は背中合わせだ
どちらがかけても真の幸せを味わう事ができない


本気でヘトヘトになるまでけんかするという事はエネルギーが必要
でも本気でお互いが向かい合っているということだよな
そして仲直りできるというのは
それまでに二人の絆がちゃんと作り上げられていた証と思う


それを理解できただけでもすごい収穫、、、かな?



第一回目というだけあって
また二回目がいつかは来るだろうけど
その時も思いっきりやろう! (←なんつって( ≧∇≦)


でも同じことでは二度と喧嘩しないように
私は自分をきちんとコントロールして
なるべく完全燃焼できる毎日を作る努力をすること

夫を守る事
自分を磨く事
自分が進歩したと思えるようにがんばってみよう



また喧嘩しとったんかいな~ とみんな思うだろうな
でもね、
とってもいいことが1つだけあった♪
体重が
6日間で2.5kg減ったのだ!
現在、現状維持努力中だけど
一日に200gずつ成長してま~す( ̄ω ̄;)





つまらない出来事を最後まで読んでくれてありがとう☆






P.S. ちなみに送った履歴書は、後日切手代不足で帰ってきましたプッ (*^m^)o==3
by french_ham | 2006-03-20 23:01 | 春夏日記