ブログトップ | ログイン

宝箱

なんでもない毎日が宝物


by ハムちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

クリスマスツリー

e0005887_23235512.jpg

3人でクリスマスツリーを出した
「きれーきれー!」とおおはしゃぎ
去年には想像もできなかった! 
このおちょけておもろいことをたくさんしてくれる小さきもの。小梅さん。



e0005887_23244620.jpg




実は、今日久しぶりに小梅におっぱいを飲ませようとしてみた!
卒乳したママ友達も試してみたら見向きもしなかったというのを聞いて小梅の反応が気になったのでテストしてみることにΨ( ̄∇ ̄)Ψ
前はお風呂でもちょっと油断するとおっぱいを吸いそうにな口になっている時があったけど今は全く関心ない。
それで試しに「パイパイどうぞ♪」とお風呂上りに言ってみた!
すると小梅は最初はおっぱいを見て、「ハハハハハ」と大笑いしてから、タオルをおっぱいの前にかけて「いないいない、ばあ」と遊んでいる。
今度は大胆に「おっぱい吸ってごら~ん」と顔を近づけてあげると 「あ~ん」 とごはん食べるときみたいな口をして遠慮がちにパクっと唇ではさんだんだけどもう吸ったりすることは忘れたみたい。。。照れくさそうに私の顔を見てニコニコしてすぐにおっぱいを離した。

ついこの前まであんなにおっぱいを求めて泣き叫んでいたのにもうおっぱいのことはすっかり忘れたみたいだ。不思議。。。

こんな風にして 今こうして毎日過ごしている母と子の特別な仲良しの関係も・・・、成長と共に忘れていってしまうのかなぁとも思えたりしてちょっぴり悲しくなった。。。実際私だっておむつしてた時のことなんて覚えてないもんね。

こんなにも楽しく幸せな毎日の事を、親は一生忘れられるもんじゃないだろうけど、当然子供は覚えている事は出来ない。でも脳裏のどこかに記憶としてじゃなく、感覚的にというか、、、潜在的に刷り込まれてはいくのかな? 
以前に義母が、テレビで今までに見たこともない絵を見た時に、何故かわからないけど涙が止まらなかったという話を聞いたことがある。 きっと自分では覚えていないけれど記憶のどこかに刷り込まれた経験が原因じゃないのかなぁ。といってたことがあるけど、、、

とにかく記憶が残らないからと言って悲しむ必要はない!
こうして一緒に楽しく、一生懸命すごしている時間はきっと無駄はひとつもないのだ! 

と、思いたい^^;


きっとこのツリーの事は覚えていなくても、きれいなものを感じる心として残っていくんだろうね。
by french_ham | 2008-11-25 23:04 | 子育て