ブログトップ | ログイン

宝箱

なんでもない毎日が宝物


by ハムちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

e0005887_1659548.jpg
暫く連絡していなかった親友が
どうしているのかなぁと気になり
今週になってから一度メールをしてみた

しかし昼過ぎにメールをしたのに
夜11時過ぎても返事が来なかったので
妙にさみしいような、不安な気持ちが襲ってきた

その親友は、去年の9月頃から、お家においでと誘ってくれていたのに
私は何故か、時間を作ろうとできずに、そのまま年が明けて
今になってしまっていた。。。
その事を凄く後悔する自分

どうしてるのかなぁ。。。とは思いつつも。。。
こんなに何ヶ月もメールのひとつも入れんと急に「元気?」とか言って
近況を知らせろと言わんばかりのメールを送った無神経な自分に罪悪感。。。

そんな風に考えながら、このままメールがこなかったらどうしようか~(ーー;).。
などと考えていると
携帯がブルブルいって、以前と変わりない元気な文面で返事がきた!
私はホッとした気持ちで布団に入った

翌日、でもやっぱり親友との距離がなんだか微妙に広がってしまったような気持ちになって
以前、親友がおもしろいと薦めてくれた本をすぐ読んでみようと思い買いに言った

そうする事で少しでも、この親友との距離を縮められるような気がして^^;

その本の題名が薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木


これはほんとにおもしろい本でこの本を紹介してくれた親友をやっぱりさすがだな と思った

たくさんの登場人物が出てきてそれぞれのストーリーの展開ぶりが
なんか外国の小説みたいでテンポがいいし、
作者の江國香織さんの文章の
表現の一つひとつが綺麗で
それがとてもシュールに感じた

スゴイ感動するとか、考えさせられると言うストーリーではないけど
たくさんの登場人物の描写が、スマートで、淡々とした調子で語られている
そして、登場人物それぞれに共感できたり、できなかったり
近そうで、実は全然正反対だったり
久しぶりに、小説の世界に引き込まれた

だから私は一気に読み終えた!
まるでポテトチップスの袋を空けて
だめだ、だめだと思いながら全部食べてしまうみたいな感じで ← わかるかなぁ^^;



そしてこの本を教えてくれた親友に感謝^^☆



この頃私は、ジムでトレーニングの後、お風呂に入っている時に悩んでいた
自分より若くてスタイルの良いヤング(?) ← ヤングって表現はまずいな^^;
ギャル(?)というのは若いだけあってハリがあるなぁ と ← おっさんぽいがな^^;
そして、スタイルや顔だけでは飽き足らず
あらゆる面において他人と比較ばかりして落ち込んだり、また少し自分を慰めたり。。。
まったく自分自信のものさしというものがない
典型的な不幸体質だったと思う



でも幸せって人それぞれの形があってそれはいちいち比べようのない事で
今の自分の生き方は、自分が好きで選んで進んでいる道だ

そして、特に女の幸せにはいろいろな形があり、他人に対して
自分にないものを見つけては悲観するようなことが一番つまらない事



そんなことを、この本を読んでいて思った



だからいちいちつまらない事を気にしていないで
春のうちに親友んちに遊びに行って
親友のかわいい、かわいい赤ちゃんに会って来ようヾ(≧∇≦)〃





そうしないとこの微妙な距離はやっぱり縮まらないのさ☆
by french_ham | 2006-04-08 11:28 | 親友