ブログトップ | ログイン

宝箱

なんでもない毎日が宝物


by ハムちゃん
プロフィールを見る
画像一覧

高齢化社会

先週午後2時頃心斎橋を歩いていると

同じ歩調で私の隣を歩き横から話しかけてきた人がいた



「暑いねぇ・・・。」  

みると80歳くらいのお爺さんが私に話しかけている

「ほんとですねぇ。」 

お年寄りなので無視できない。

「おねえちゃん、今日休み?」
 
「はい、休みです。」

変なこと聞いてくる。さみしい?お年寄りだから冷たくできない。

「暇やろう?」

なんかしつこいな。全然さびしそうじゃないし・・・。観光客?

「いえ、休みの日にはいろいろする事があるので忙しいです。」
 
「喉渇けへんか?」

「いえ、今わらびもちたべてきたところなんで喉渇いていません。」

「ええなぁ、わらびもち。僕もたべたいわぁ。なぁ、コーヒー飲みに行けへん?」


 

ナンパか~い!爺さんよ! 

「いえ、先を急いでいるので結構です」

 
「あんたで何歳くらいや?」


(あんたでって、なんかその聞き方、量り売りじゃないんだから。。。
 一体この人何歳を茶に誘ってるつもりなんやろ?)


「いくつに見えますか?」


 (ジ~っと私の顔を覗きこんでる)


 「22~23才くらいか?」


 「まぁ、それくらいです・・・。もうちょっと上ですけど...。」
 (私は34歳だけど相手が80歳くらいの爺さんだけに喜べない)


「なぁ~、一緒にコーヒー飲みに行こ。」



(まだゆうとんかい)

「それじゃ、ここでサヨナラ~。」



 といってデパートへ逃げ込んだ




 

 いや~、ほんとに高齢化社会ですね^^;




 
by french_ham | 2005-07-21 17:24 | 春夏日記